米カントリーワイドの社債保有リスク、2日連続で低下-買収を楽観

29日のクレジット・デフォルトスワップ(C DS)市場では、米住宅金融大手カントリーワイド・ファイナンシャルの社債 保証コストが2日連続で低下し、1カ月ぶりの低水準となった。米銀バンク・ オブ・アメリカ(BOA)による買収が完了する兆候が強まったことに反応し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。