金融株は急騰も、金融債のCDSスプレッド縮小が示唆-JPモルガン

米銀大手JPモルガンは29日、金融債のク レジット・デフォルトスワップ(CDS)保証料の下落が金融株の投資リスク減 少を示唆しているとして、金融株が今後急騰する可能性があるとの見方を示した。

JPモルガンの株式ストラテジスト、トーマス・リー氏はリポートで、CD Sスプレッドと金融株の動向には「著しい相関関係」があると指摘。「昨年の夏 の相場下落の際に、信用市場が株を主導したことを思い出していただきたい。上 昇局面でも株を導くことに留意すべきではないだろうか」と強調した。

JPモルガンによれば、金融株のCDSスプレッドは202.6ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)に低下。今年、一時は400bp台に乗せた。24の金 融機関から構成されるKBW銀行指数の28日終値は75.6と、3月10日に付け た今年の最安値75.3に接近した。CDSスプレッドの低下は信用の質が改善し たことを意味する。

リー氏は、このようにKBW銀行指数とCDSスプレッドの動向が食い違っ ていることから、KBW銀行指数は現在の水準から21%上昇するはずだと予想。 信用リスクの低下が株価を支えると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE