米ノベルの2-4月期:黒字確保-人員削減や商品の絞り込みが寄与

無償配布の基本ソフト(OS)「Lin ux(リナックス)」商品の米国販売で2位の米ノベルが29日発表した2008 年2-4月(第2四半期)決算は、黒字確保となった。人員削減や商品の絞り 込みが寄与した。

純損益は587万ドル(1株当たり2セント)の黒字、前年同期は289万 ドル(同1セント)の赤字だった。売上高は前年同期比1.4%増の2億3570 万ドルと、アナリスト予想に合致した。一部項目を除いた1株利益は6セント と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均の5セントを上 回った。

ロン・ホフスピアン最高経営責任者(CEO)は昨年、全従業員の約1 割を削減するとともに、新たなリナックス商品に注力し、投入から時間のたっ たソフトウエアの売り上げ落ち込みを補うことを目指している。リナックス商 品の販売は31%増の2900万ドルだった。

決算は通常取引終了後に発表された。同社株は時間外取引で、一時9セ ント高の6.80ドルを付けた。通常取引終値は6.71ドル。今年これまでは

2.3%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE