米デルの2-4月期:3.7%増益、市場予想上回る-海外販売が好調

パソコンメーカー世界2位の米デルが29日 発表した2008年2-4月(第1四半期)決算は、前年同期比3.7%の増益とな り、アナリスト予想を上回った。海外でのパソコン販売増加が寄与した。

デルの発表資料によれば、純利益は7億8400万ドル(1株当たり38セン ト)と、前年同期の7億5600万ドル(同34セント)から増加。ブルームバー グ・ニュースがまとめた1株利益のアナリスト予想(33セント)を上回った。 売上高もアナリスト予想を上回る前年同期比9.2%増の161億ドルとなった。

ノートパソコンの好調に支えられ、アジアの業務用売上高は19%増となっ た。マイケル・デル最高経営責任者(CEO)はこの1年間、ヒューレット・パ ッカード(HP)追撃を目指し、ウォールマート・ストアーズなど小売店との提 携に力を入れてきた。HPは過去7四半期間、パソコン出荷でトップを維持して いる。

ルーミス・セイレスのアナリスト、トニー・アーシロ氏はブルームバーグテ レビジョンとのインタビューでデルについて、「彼らは非常に野心的だ」と指摘。 「多くの面で業績が好転した。デルはパソコンの市場シェアを伸ばした上に、サ ーバーでもかなり健闘している」と説明した。

デルの株価の通常取引終値は前日比12セント高の21.81ドル。年初から前 日まで12%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE