NY原油(29日):4ドル超の急反落、需要減退やドル高で-126.62ドル

ニューヨーク原油先物相場はバレル当た り4ドルを超える急反落。消費者が最高値圏にある燃料の購入を渋っている兆 候が示されたほか、ドルの上昇に伴いヘッジ策としての原油の投資妙味が減退 したのが売り材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。