第1四半期米GDP改定値:0.9%増に上方修正-輸出寄与が拡大(2)

米商務省が29日に発表した第1四半期(1 -3月)の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)改定値は前期比年 率0.9%増加と、速報値の0.6%増から上方修正された。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミストの予想中央値(0.9%増)と一致した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。