第1四半期米GDP改定値:国内最終需要0.1%減、マイナス幅縮小(表)

【記者:Alex Tanzi】

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。