グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。4月の米製造業耐久財受注で輸送機器を除く部分が事 前予想に反して増加したことから、米景気減速の影響への懸念が後退した。

携帯電話機の受託生産最大手、富士康(2038 HK)やスポーツシューズ生 産で世界最大手の裕元工業(集団)(551 HK)が上昇した。契約者数で世界 最大の携帯電話サービス会社、チャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は6 営業日ぶりに上昇。最近の下げは行き過ぎとの見方から買い戻された。

LGTキャピタル・マネジメントの主任グローバルストラテジスト、ビート・ レンハー氏は「米経済指標を支えに投資家心理はやや上向いてきている」と指 摘。「全体として世界市場は底入れしつつあるし、株価は割高な水準には見え ない」と述べた。

ハンセン指数は前日比134.48ポイント(0.6%)高の24383.99。ハンセン中 国企業株(H株)指数は1%高の13511.86となった。

富士康は16セント(1.5%)高の10.56香港ドル。裕元工業は10セント (0.5%)高の22.25香港ドル。チャイナ・モバイルは1.70ドル(1.5%)高の

114.60香港ドル。前日までの5営業日で15%下落していた。

【中国株式市況】

中国株式市場では、CSI300指数が3日ぶりに反落。銅や金相場の下落を 受け、銅生産大手の江西銅業(600362 CH)や産金会社、紫金礦業(601899 CH)を中心に金属株が下げた。

招商銀行(600036 CH)など銀行株も安い。政府が12年ぶり高水準付近で 推移しているインフレの抑制に取り組むなか、収益の伸びが鈍化するとの懸念 が広がった。製鉄大手の宝山鋼鉄(600019 CH)も下落した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は前日比95.36ポイント(2.6%)安の3580.87で終了。前日までの2 日間で3.3%上昇していた。

国泰基金管理のアナリスト、范迪釗氏(上海在勤)は「現在の市場の弱い地 合いのなかで、先物相場が下落すれば、関連する金属株の売りが強まるだろ う」との見方を示した。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。デリバティブ(金融派生商品)の決済日を迎え、 投資家らがポジションの多くを次月へ繰り越さなかったことを受けてセンセッ クス30種指数を構成する大型銘柄が売られた。リライアンス・インダストリー ズが下げをけん引した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比209.11ポイント (1.3%)安の16316.26で終了。騰落比率は約1対6だった。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス(RIL IN)は2.4%安の

2462.70ルピー、国内2位の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は3%安の

796.25ルピー。両銘柄を合わせたウエートはセンセックス30種指数の約25% となる。

自動車メーカーのタタ・モーターズは8.2%安の583.35ルピーと、ほぼ2 年半ぶりの安値。米フォード・モーターの「ジャガー」「ランドローバー」両 部門の買収資金調達のため新株を発行する計画を明らかにしたことが嫌気され た。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比61.3ポイント(1.1%)高の5709.4。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比35.58ポイント(2%)高の1841.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比19.19ポイント(0.2%)高の8684.92。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比28.00ポイント(0.9%)高の3160.78。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比1.24ポイント(0.1%)高の1261.82。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比2.38ポイント(0.3%)安の830.61。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比13.19ポイント(0.5%)高の2446.95。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比31.05ポイント(1.1%)安の2802.22。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE