米スティール代表:アデランス株主は変化望んだ-総会で現経営陣否決

米系投資ファンドのスティール・パートナー ズのウォーレン・リヒテンシュタイン共同創設者は29日、投資先であるアデラン スホールディングスの株主総会が現経営陣再任案を否決したことについて「株主 が変化を望んだ現れ」と評価した。スティールや他の株主が、企業価値を上げる ことができない経営陣についての信任を完全に失った結果としている。

ウエブサイトで開示した資料によると、スティールはアデランス経営陣に業 績改善や企業価値向上での協働を呼びかけたが無視または断られ、こうした経営 陣再任には総会で反対票を投じたとした。

他の株主もスティールに同調した形になり、総会では取締役選任議案での候 補9人のうち岡本孝善社長ら現任7人の再任案が否決、社外取締役候補の石井静 太郎氏と白田佳子氏のみが選任された。

今後のスティールの対応としては、アデランス側から総会の結果を踏まえた 新たな取締役候補や経営戦略の提案を待つもようだ。取締役候補としてスティー ルはリヒテンシュタイン氏を含むスティール幹部の指名を要望している。現経営 陣再任案の再提出には反対する公算が大きい。また、戦略面では財務アドバイザ ー(FA)起用や他社との統合といったことを提案している。

アデランスHD株終値は、前日比162円(8.7%)高の2020円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE