米スティール代表:アデランス株主は変化望んだ-総会で現経営陣否決

米系投資ファンドのスティール・パートナー ズのウォーレン・リヒテンシュタイン共同創設者は29日、投資先であるアデラン スホールディングスの株主総会が現経営陣再任案を否決したことについて「株主 が変化を望んだ現れ」と評価した。スティールや他の株主が、企業価値を上げる ことができない経営陣についての信任を完全に失った結果としている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。