中国株(終了):CSI300指数、3日ぶり反落-金属株が安い

中国株式市場では、CSI300指数が3日ぶ りに反落。銅や金相場の下落を受け、銅生産大手の江西銅業(600362 CH)や産 金会社、紫金礦業(601899 CH)を中心に金属株が下げた。

招商銀行(600036 CH)など銀行株も安い。政府が12年ぶり高水準付近で推 移しているインフレの抑制に取り組むなか、収益の伸びが鈍化するとの懸念が広 がった。製鉄大手の宝山鋼鉄(600019 CH)も下落した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は前日比95.36ポイント(2.6%)安の3580.87で終了。前日までの 2日間で3.3%上昇していた。

国泰基金管理のアナリスト、范迪釗氏(上海在勤)は「現在の市場の弱い地 合いのなかで、先物相場が下落すれば、関連する金属株の売りが強まるだろう」 との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE