亀崎日銀委員:長期金利の急変動は望ましくない、市場動向を注視

日本銀行の亀崎英敏審議委員は29日午後、 山形市内で会見し、長期金利がこのところ上昇していることについて「あまり急 に上がったり下がったりすることは望ましくない」と述べ、市場動向を注視して く姿勢を示した。

  原油価格をはじめ国際商品市況の上昇については「かなり速い」とした上で、 国内物価の先行きについて「上下両方向に不確実性がある」と述べた。

金融政策については、「国際商品市況の動向が物価、経済に与える影響に目 を凝らし、その他の動向も含めて総合的に判断することが大事だ」と語った。

29日の日経平均株価は米経済指標の改善などを受けて大幅高となった。U BS証券の道家映二チーフストラテジストは「市場の一部では、信用収縮問題は 最悪期を脱したとの見方が出てきた」としながらも、日銀は「米国経済と金融市 場の先行きに対し、株式市場が示唆するほど楽観視していないようだ」と指摘。 「鉱工業生産が減少基調に転じ、交易条件の悪化などから企業収益の下期V字回 復シナリオが崩れれば、日銀は利下げに踏み切るだろう」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE