債券は大幅安、世界的な金利上昇や株高で1.8%台-入札無難(終了)

債券相場は大幅安(利回りは上昇)。前 日の米国債相場の下落に加えて、日経平均株価が大幅反発したことを受けて、 売り優勢となった。世界的なインフレ懸念を背景に、日米欧とも金利上昇傾向 となっている。新発10年債利回りは遅い時間に1.8%の大台に乗せた。2年債 入札は、最低落札価格が予想を若干下回ったが、無難な結果と受け止められた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。