亀崎日銀委員:下振れリスクに最も注意必要-緩和長期化リスクも

日本銀行の亀崎英敏審議委員は29日午後、 山形市内で講演し、日本経済の先行きについて「海外経済やグローバルな金融 市場をめぐる不確実性、エネルギー・原材料価格高の影響など景気の下振れリ スクに最も注意する必要がある」と述べ、強い警戒感を示した。

亀崎氏は一方で、「長期的には、緩和的な金融環境の長期化が経済・物価の 振幅をもたらすリスクは引き続き存在しており、景気の下振れリスクが薄れる 場合には、こうした上振れリスクを意識する必要性は高まるとみられる」と述 べ、金融緩和の長期化がもたらすリスクにも言及した。

世界的に景気減速リスクが高まる一方で、インフレ懸念も強まっており、 各国の中央銀行は難しいかじ取りを迫られている。クレディ・スイス証券の河 野研郎債券調査部長は「中央銀行がインフレ率の上昇に目を向けて金融を引き 締めれば、先行きの景気悪化はより顕著なものとなる可能性が高い」と指摘。「日 米ともに中央銀行が金利を引き上げることは想定できない」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE