商工中金の江口氏:仕入価格の大幅上昇で中小企業の景況感が悪化

商工中金調査部の江口政宏主任調査役は29 日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、同機関が28日発表した5 月の中小企業月次景況観測の結果などについて語った。主な発言内容は以下の通 り。

今回の調査の結果について:

「今回の景況判断指数は42.2という数字になった。今回の景気拡大局面の 出発点に当たる2002年2月の39.3という水準まで下がってしまったということ で、指数がだいぶ悪化している」

中小企業の景況感悪化の背景について:

「悪化の背景は2点ある。一つ目は、仕入価格が引き続き大幅な上昇を続け ていて、中小企業の採算が悪化していること。もう一つは、これまで売上高は増 加を続けていたが、その伸び率が若干鈍化する兆しがあるということだ」

仕入価格について:

「仕入価格についてはガソリン、軽油をはじめとして、鉄鋼、非鉄、食料品、 化学関係などを含め、多くの品目で価格上昇が進んでいる」

仕入価格DI(「上昇」と答えた企業の割合から「低下」と答えた割合を引いた 数字)と販売価格DIの推移について:

「仕入価格DIは5月に36.3と3カ月連続で過去最高を更新している。そ の一方で、販売価格DIは5.5とプラスはプラスだが、仕入価格DIとの差が広 がる一方で、採算の悪化が進んでいる」

--共同取材:鎌田泰幸 Editor:Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 柿崎元子 Motoko Kakizaki +81-3-3201-8919 mkakizaki@bloomberg.net 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE