アジア株:2週間で最大の上げ、米製造業耐久財受注で-トヨタ高い

29日午前のアジア株式相場は、ここ2週間 で最大の上げとなっている。28日発表された4月の米製造業耐久財受注額が、 変動の大きい輸送用機器を除いたベースで予想外に増加したことを受けエレクト ロニクス関連銘柄や自動車株が上昇したほか、原油相場反発でエネルギー企業も 買われた。

トヨタ自動車と、半導体メモリー製造で世界最大手、韓国のサムスン電子は 共に週初来の高値に上昇。石油生産でオーストラリア最大手のBHPビリトンも 高い。原油相場が1バレル=130ドルを超えて反発したことを好感した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時50分現在、前日比1%高の

148.31。上昇率は16日以来で最大となっている。日経平均株価も大きく上げて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE