ホンダ:新型コンパクトミニバン「フリード」発売へ-月販目標4000台

国内2位の自動車メーカー、ホンダは29 日、コンパクトカークラスの新型ミニバン「フリード」を30日に発売すると 発表した。既存モデルの課題となっていた3列目のシートの居住性や走行性能 を高めたのが特徴。価格は163万8000-225万7500円で、月4000台の販売を 計画している。

フリードは、ホンダが2001年12月に発売した「モビリオ」の後継モデル。 モビリオは1.5リットルエンジンを搭載したコンパクトカーをベースに3列シ ート、後部スライドドアを備えたミニバンの先駆けとなり、他社も同様のモデ ルを相次いで投入した。

同クラスのミニバンは女性でも運転しやすいサイズや価格が受け入れられ て、新しいカテゴリーを形成した。その一方で、3列目のシートの居住性やフ ル乗車時の走行性能などが課題となっており、市場そのものは04年をピーク に減少傾向に転じているのが現状。

このためフリードは、シート形状の改良などにより身長185センチの人が 3列目のシートに座っても2列目と同等の足回りの空間を確保したのをはじめ、 エンジンの最大出力を8馬力アップして走行性能を高め、より低燃費にしたと いう。

モビリオには2列シートで5人乗りの派生モデル「モビリオスパイク」が 設定されていたが、フリードはあらかじめ3列8人乗り(2列目がベンチシー ト仕様)、3列7人乗り(2列目が左右独立したシート仕様)、2列5人乗り の3タイプを設定し、同一のモデル名で販売する。またそれぞれのタイプに前 輪駆動、四輪駆動仕様を設定している。

ホンダの株価午前の終値は前日比110円(3.4%)高の3370円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE