日立株は反発、GS証が判断「中立」に上げ-業績下振れリスク限定

総合電機で国内最大手の日立製作所の株価 が反発。一時27円(3.7%)高の759円まで上げ、前日の下落分(20円、

2.7%)を取り戻す展開。ゴールドマンサックス証券では、投資判断を「売り」 から「中立」に引き上げている。

ゴールドマン証では29日付のリポートで、2009年3月期業績について、下 振れリスクはそれほど大きくなく、当面は上振れの期待が残るなどとしている。

日立は26日に中期経営計画の進捗(ちょく)状況を発表、10年3月期の営 業利益率の目標5%を堅持する方針を明らかにしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE