東京外為:ドルもみ合い、米株高・金利上昇が下支え-景気には不透明感

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=104円台後半でもみ合い。前日の米国市場では予想を上回る経済指標 を受けて株高・金利上昇となったことからドル買いが進行。ただ、原油相場が 反発しているうえ、米金融機関のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅 ローン関連の損失懸念がくすぶっていることから、景気の先行き不透明感は払 しょくされておらず、一段のドル買いには慎重な姿勢も残っている。

三菱東京UFJ銀行市場業務部の金成大介上席調査役は、米耐久財受注が まずまずの内容だったことなどから、海外市場でドルが105円台前半まで買い 進まれたものの、上昇したところでは国内輸出企業からの売りもあり、104円台 後半まで小緩む格好になっていると説明。そのうえで、「最近の相場のテーマ は原油をはじめとしたコモディティの上昇と、それに起因するインフレ懸念と いうことになっている」といい、引き続き商品市況の動向が警戒されている。

東京時間の取引では、「月末近辺ということもあり輸出企業の円買いがド ル以外でも幅広い通貨に対して見込まれる」(金成氏)なか、ドル・円相場は 104円台前半では底堅さが期待されるものの、105円台に接近する局面では需給 面でドルの上値が抑えられる状況となっている。

米耐久財受注が予想を上回る

28日に発表された4月の米製造業耐久財受注額は前月比で0.5%の減少と、 ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想の1.5%減を上回る結果となった。

これを受けて、米国株式相場が続伸し、米10年債の利回りは1月以来の4% 台乗せとなった。外為市場ではドルの買い戻しが活発化し、ドル・円相場は一 時105円31銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)と、14日以来、2週 間ぶりのドル高値を付けている。

そうしたなか、株価の予想変動率の指標であるシカゴ・オプション取引所 (CBOE)のボラティリティ指数(VIX指数)は19.07と、前日の19.64 から低下。損失リスクを伴う投資先の代表格とされる株式への警戒感が薄れた ことが示されると、外為市場では低金利の円から高金利通貨などに資金をシフ トするリスク選好的な動きが出やすくなる。

ドイツ証券の深谷幸司シニア為替ストラテジストは、米国の企業部門の数 字は非常に重要であり、耐久財受注が予想よりも良かったことで、米金利も上 昇し、その流れを受けて東京時間も基本的にはドル高の展開を予想。株価動向 をみながら、ドル・円は「104円台半ばが底堅ければ、再度105円トライという 方向になる」とみている。ただ、原油相場の動向次第では「ドルが重くなる可 能性もある」との警戒姿勢も崩していない。

この日の日経平均株価は反発して取引を開始し、その後も上昇幅を拡大す る展開となっている。投資家の間でリスクを回避する姿勢が和らいだ場合は、 米国と同様に景気不安を抱え、金利面で劣勢となっている円の売り圧力が見込 まれるものの、先行き警戒感から積極的なドル買い・円売りに踏み込みにくい 状況に陥っている。

原油反発、米金融機関の損失懸念

一方、前日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)では、原油先物7月 限が反発。さらに、国際エネルギー機関(IEA)のラムゼー事務次長はパリ での会議で、石油市場は供給不足に陥っているとしたうえで、その状態がしば らく続くとの見通しを示しており、原油の先高警戒感は根強く、景気の先行き 懸念は払しょくされにくい。

また、米地銀大手キーコープが27日付で提出した規制当局への届出文書に よると、同行の純貸倒損失額は融資全体の1-1.3%になる見通しで、従来見通 しの最低0.65%から引き上げられている。加えて、「住宅建設業者向け債権の 縮小に積極的に取り組むため、第2と第3四半期の貸倒損失は同レンジを上回 る可能性がある」と記されており、住宅市場の低迷長期化の影響が根深いこと が示されている。

このため、引き続きドルに強気の見方は醸成されにくいなか、この日の米 国時間には1-3月の国内総生産(GDP)改定値が発表される。また、連邦 準備制度理事会(FRB)のコーン副理事が短期金融市場に関する会合で講演 するなど、金融当局者の発言も控えており、弱気材料への警戒感からドルの上 値は限定されそうだ。

ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で1ユーロ=1.5609ドルと、20日以来 の水準までユーロ安・ドル高が進行。しかし、この日の東京市場では、1.56ド ル台半ばまでドルが押し戻されて推移している。

--共同取材:吉川淳子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE