中国株(終了):CSI300指数、2週間で最大の上げ-原油安を好感

中国株式相場は上昇。CSI300指数はここ 2週間で最大の上げとなった。原油相場の下落を受け、燃料コスト上昇で企業収 益が打撃を受けるとの懸念が後退した。

時価総額で世界最大の航空会社、中国国際航空(601111 CH)は2週間で最 大の上昇。ジェット燃料価格が下落するとの見方が広がった。石油タンカー運航 で中国最大手の中海発展(チャイナ・シッピング・デベロップメント、600026 CH)は5営業日ぶりに反発した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比100.03ポイント(2.8%)高の3676.23で終了。上昇率は14 日以来最大だった。同指数を構成する10業種すべてが上昇した。

HSBC晋信基金管理(運用資産8億5000万ドル相当)の投資マネジャー、 閻冀氏(上海在勤)は「原油相場の下落が株式市場に若干の安心感をもたらした。 市場はこれまで、コスト上昇懸念に満ちていた」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE