アイ・アールジャパン金本氏:買収防衛策に海外は厳しい眼-6月総会

企業のIR(投資家向け広報)を支援するア イ・アールジャパン(東京都港区)の金本哲明常務執行役員は28日のブルームバ ーグテレビジョンのインタビューで、6月に集中する企業の株主総会の焦点とし て、買収防衛策導入の多さを上げた。その上で海外機関投資家は買収防衛策に厳 しい眼を向けていると指摘した。主なコメントは以下の通り。

◎2008年6月の株主総会の焦点は

「ポイントは3つで①買収防衛策を導入する企業が500社を超えている②社 外取締役の選任に機関投資家から厳しい眼が向けられている③増配提案といった 株主還元だ」

◎投資家の反応は

「機関投資家、特に海外の機関投資家は買収防衛策導入に当ってその企業の ガバナンスに強い監視の眼を向けている。ガバナンスをめぐって株主還元として 増配提案や自社株買いの要求が出てきている」

--共同取材 東京 君塚 靖 Editor : Tetsuki Murotani Masashi Hinoki

君塚 靖 Yasushi Kimizuka +813-3201-3501 ykimizuka@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net

<HE;LP> <HE;LP> <HE;LP>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE