東京金取:取引倍増でデリバティブ総合取引所目指す-11年度上場も

東京金融取引所は、2010年度までに取引 数量を倍増することなどを盛り込んだ中期経営計画(2008-10年度)を初めて 策定した。同取引所は、主力の金利先物や外為証拠金取引「くりっく365」に 加え株式指数先物の上場も検討中で、中期計画では、金利・為替・株式をすべて カバーする「金融デリバティブの総合取引所」を目指すことを明記した。経営計 画の達成度合いを見極めたうえで、2011年度に自社株の上場も目標に掲げてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE