南アフリカ共和国の1-3月期GDP:2.1%増-約6年で最低の伸び

南アフリカ統計局が27日発表した2008年1 -3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)は前期比年率2.1%増と、ここ6 年余りで最も低い伸びにとどまった。電力不足に伴う鉱山会社の減産が響いた。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト17人を対象にまとめた調査の中 央値では2.6%増と見込まれていた。07年10-12月(第4四半期)は5.3%増 だった。

国営電力会社のエスコム・ホールディングスは、1-3月期に電力供給を削 減。この影響で、世界最大のプラチナ生産会社アングロ・プラチナム・ホールデ ィングスなど鉱山会社は1月に5日間、国内鉱山の閉鎖を余儀なくされた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE