三菱重:照明用有機ELで共同出資会社-ローム、凸版、三井物産と

国内重工業トップの三菱重工業は28日、 半導体大手ロームや凸版印刷、三井物産などとの共同出資で、照明用の有機E Lパネルの事業化を検証する会社を山形県に同日設立したと発表した。来春か らサンプル製品を製造、販売する予定。

資本金は14億円(準備金含む)で、出資構成は三菱重51%、ローム34%、 凸版印刷9.9%、三井物産5.0%など。三菱重が製造装置を提供。ロームは素 子開発、凸版がパネルの仕上げ工程、三井物がマーケティングをそれぞれ担当 する。

有機ELには電気を流すと発光する特性があり、省電力の超薄型も表示装 置などとして使える。すでに自動車のダッシュボードや携帯電話の表示画面と しては実用化され、昨年11月にはソニーが世界初と銘打って小型の薄型テレ ビを発売している。三菱重は昨年4月、同EL製造装置の実用化にめどがつき、 2009年の商用化を目指すと発表していた。

三菱重の株価は前日比1円(0.2%)高の516円(午後1時40分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE