東京外為(予想):ドルは売り買い交錯か、原油安も米景気後退懸念根強い

きょうの東京外国為替市場ではドルの売り 買いが交錯しそうだ。早朝の取引ではドル・円相場が1ドル=104円台前半と前 日の103円台から水準を切り上げている。原油価格の反落や米国株の上昇を背 景にドルの買い戻しが進んだ海外市場の流れを受け継ぎ、目先はドルの上値を 試す動きが見込まれる一方、米景気の後退懸念が根強いなか、ドルの上昇局面 では売り圧力が強まりそうだ。

原油安で米株・ドルが反発

27日のニューヨーク原油先物相場は反落。バレル当たり3ドル以上と、4 月以来で最大の値下がりだった。景気鈍化と最高値圏にあるエネルギー価格が 原因で、米国の燃料消費減退の兆しが売りを誘った。

原油相場の下落が好感され、3連休明けの米国株相場は反発。また、外国 為替市場ではドルの買い戻しが進み、対円では一時、1ドル=104円35銭(ブ ルームバーグ・データ参照、以下同じ)と22日以来のドル高値をつけた。

また、ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.5682ドルまでドルが反発。東京市 場では1.5818ドルと4月24日以来、約1カ月ぶりのドル安値をつける場面も みられたが、ドイツの消費者信頼感調査が予想を下回ったことなどを手掛かり にユーロ売り・ドル買いが優勢となった。

一方、ユーロ・円相場は一時、1ユーロ=163円89銭と4月28日につけた ユーロ高値に並んだが、その後はもみ合う格好となり、東京時間早朝にかけて は163円台半ばで推移している。

住宅リセッションと個人消費減速懸念

米商務省が27日に発表した4月の米新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率)は前月比3.3%増の52万6000戸と、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミストの予想平均(52万戸)を上回ったが、3月分は50万9000戸と、 速報値の52万6000戸から下方修正された。

また、全米20都市部を対象にした3月の米スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で14.4%低下と、2001 年の指数発表開始以来で最大の落ち込みを記録。エコノミスト調査の予想中央 値は14.2%の低下だった。07年1月以降、同指数は連続で低下している。

一方、米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した5月の米消費 者信頼感指数は57.2に低下し、92年10月以来の低水準となった。エコノミス トの予想中央値60.0も下回った。現況指数は74.4と、前月の81.9から低下。 今後6カ月の期待指数も45.7と、前月の50.0から低下した。

住宅リセッション(景気後退)の終わりが見えず、個人消費の減速が懸念 されるなか、積極的にドルは買いづらい。一方、米国株高を受け、日本株が続 伸となれば、リスク選好的な円売り・高金利通貨買いが強まり、ドル・円の支 援材料となる可能性もあり、日中は引き続き株価動向をみながらの展開となり そうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE