ウェーバー独連銀総裁:ECBは利上げの必要性に直面も-ロイター

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバ ーのウェーバー独連銀総裁はロイター通信とのインタビューで、インフレ抑制 のためにECBは利上げが必要となる可能性があるとの見解を示した。ロイタ ーが27日報じた。

ロイターによると、ウェーバー総裁は「インフレリスクがさらに高まり、 同時に金融市場の緊張が和らげば、明らかに行動の必要が出てくるだろう」と して、「インフレが根付く危険が完全に無くならない限り、利上げの選択肢を 残しておかなければならない」と述べた。

ロイターによれば、ウェーバー総裁は、ECBは現在の政策金利がインフ レ抑制に貢献すると述べてきたが、「継続的なベースで物価安定を保証するも のだとは言明していない」と付け加えた。

ロイターは、ウェーバー総裁の「私の見解では、中期的な物価安定に対す るリスクが存在する限り、利下げの選択肢は閉ざされている」との発言を報じ、 同総裁がECBに利下げの余地はないとみていると伝えた。

またロイターによると、同総裁は新たな悪材料が出なければ金融市場は著 しく沈静化するだろうと述べた。短期市場の金利は来年も高水準が続く見通し という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE