ECBのリープシャー氏:金融緩和の余地なし-インフレ加速リスクで

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メン バー、リープシャー・オーストリア中央銀行総裁は27日、インフレ加速のリス クがあることから、金融緩和の余地はないとの見解を示した。

同総裁はウィーンで語り、「賃金上昇や食料と原油価格の一段の上昇によ るインフレ上振れリスクは大きい」として、金融政策の手綱を「緩めることを 検討する」余地はないと述べた。

リープシャー総裁は、原油価格が1バレル=135ドルに近い状況で、イン フレに関する懸念が「去ったと言うのは時期尚早だ」と言明、インフレ率が年 内、3%前後にとどまるとの見通しを示した。4月のユーロ圏消費者物価指数 は前年同月比3.3%上昇。3月は同3.6%上昇だった。ECBは2%弱を望まし いインフレ水準の目安としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE