中韓首脳会談、北朝鮮非核化での協力と自由貿易協定の交渉で見解一致

韓国の季明博大統領と中国の胡錦濤 国家主席は27日、北京で会談し、北朝鮮の非核化に向けた協力の強化な らびに、中韓の自由貿易協定を前向きに検討することで意見が一致した。 季大統領が会談後、記者団に明らかにした。

季大統領は記者団に対し、「中国と韓国は包括的かつ率直な会談を 行った」と述べた。今回の中韓首脳会談は2月の季大統領就任以来で初 めて。

今回の季大統領の中国公式訪問には、韓国最大の自動車メーカー、 ヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)の鄭夢九(チョン・モン グ)会長をはじめとする37人の財界指導者らが同行した。韓国にとって 中国は最大の貿易相手国で、昨年の韓国の輸出の約14%を占めた。

中国と韓国は来月、自由貿易協定の締結に向けた第5回目の交渉を 予定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE