ドコモ:夏向け19機種を発表、動画強化-家庭用IP電話の機能も(2)

携帯電話の新規契約でKDDIやソフト バンクモバイルに押されている国内最大手NTTドコモは27日、夏商戦向け 端末19機種を発表した。動画視聴機能などを強化したのが特徴。6月1日か ら順次発売する。併せて一部機種で、家庭でIP電話としても使える「固定と 携帯の融合(FMC)」サービスを家庭向けにも始める。

新端末のうち高級機種をまず6月から7月にかけて投入、その他の機種も 9月までに順次発売する。ドコモは3月以降、携帯・PHSの合算での国内シ ェアで50%を割り込み、4月には新規獲得よりも既存顧客つなぎ止めに力点を 置く新ブランド戦略を打ち出している。

法人向けのFMCは、オフィス内で携帯端末を固定回線経由の内線電話と して使える仕組みで、2006年11月にサービスを開始。これを6月から家庭向 けにも導入。NEC製の1機種は、月1029円の使用料でIP電話として利用 できるほか、無線LAN(域内通信網)に対応し、動画などの大容量データの 送受信も容易になる。

中村維夫社長は発表会で「本格的な『ケータイ動画時代の幕開け』」が訪 れると強調、引き続き顧客満足度の向上に努める姿勢を示した。

ドコモの株価終値は前日比4000円(2.5%)高の16万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE