ECBウェリンク氏:金融機関の報酬制度が信用危機の一因-オランダ紙

オランダの経済紙、ヘット・フィナンシエ ル・ダフブラット(HFD)は27日、欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メ ンバー、ウェリンク・オランダ中央銀行総裁の発言を引用し、国際的金融機関 で支払われるボーナスが信用危機の重要な原因となったと報じた。

同紙によれば、オランダの場合も同じであることが分かれば、ウェリンク 総裁は同国の企業報酬に介入する意向だ。同紙が伝えたところでは、同総裁は 「報酬制度がより大きなリスクを取ることを促す要因となっているかどうかに ついて、従来よりオランダ企業の調査の機会を増やす方針だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE