NECエレ:半導体工場300ミリライン、09年度末月2.5万枚に倍増(2)

半導体専業メーカーのNECエレクトロニク スは27日、最先端のシステムLSI(大規模集積回路)増産のため、直径300ミ リメートルウエハーラインの生産能力を増強する計画を発表した。現在の月1万 3000枚を2010年3月末までに月2万5000枚とほぼ倍に増やす。

同社は、生産子会社「NEC山形」(山形県鶴岡市)の300ミリラインでデジ タル家電用や携帯電話用のLSIなどを量産。中でも高速画像処理を行うDRAM を混載したグラフィックス用LSIが、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」向けに 好調なのに加え、薄型テレビや携帯機器向けの大型受注の見通しが立っている。

月1万3000枚体制構築までの総投資額は1500億円で、今期(09年3月期) は約100億円を投じ月2万枚に増強する。さらに2万5000枚体制へクリーンルー ムの面積を1万7150平方メートルに拡張し、最終的には月3万枚までの増強を可 能にする。

現在の主力は製造プロセスの回路線幅が90ナノ(ナノは10億分の1)メート ル世代の製品だが、増強により、昨年末から量産している最先端の55ナノ世代品 や今期末に量産を始める40ナノ世代品への微細化に対応する。

NECエレ株の株価は前日比25円(1.1%)高の2310円(午後2時16分現 在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE