ペトロブラスなど4社:メキシコ湾で原油発見-水深2290メートル

ブラジル国営の石油会社、ブラジル石油公 社(ペトロブラス)は26日、メキシコ湾の鉱区で原油と天然ガスを発見したと 発表した。

ペトロブラスが同日、電子メールで発表した文書によると、原油と天然ガス が発見されたのは、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルが運営するWR508鉱区の ストーン3番油井。同鉱区の権益はシェルが35%、ペトロブラス・アメリカと 米マラソン・オイルがそれぞれ25%、イタリアのENIが15%を保有する。

ペトロブラスによると、ストーン3番油井では、水深2290メートルの地点 で海底を8960メートルまで掘削した。

ペトロブラスは昨年11月、トゥピ油田に原油換算で50億-80億バレルが 埋蔵されている可能性があると発表。今年1月には、トゥピ油田に近いジュピタ ー油田で同量の原油と天然ガスが埋蔵されている可能性があると発表した。さら に原油の発見が続くとの見方から、ペトロブラスの時価総額は拡大し、世界5位 となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE