グリーンスパン前FRB議長:米景気後退の確率は50%上回る-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オ ンライン版)が26日報じたところによると、米連邦準備制度理事会(FRB) のアラン・グリーンスパン前議長は同紙とのインタビューで、米国の景気動向 について「リセッション(景気後退)の確率は50%を上回ると依然信じている」 と述べた。

ただ、グリーンスパン氏は「その確率はやや後退し、深刻なリセッション の可能性は著しく低下したと思う」と述べたという。

同紙によると、同氏はまた、金融危機の最悪期が終わったかどうか「語る には時期尚早」と述べ、その理由として米国の住宅価格次第だからだと指摘し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE