【5%ルール】フィデリティ投信、蘭プロフェッショナルC、ラックW

財務省に26日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

ラック・ウィング・グループ・リミテッド:新華ファイナンス(9399)株式 の保有比率を10.53%から14.02%に増やした。

プロフェッショナル・コミュニケーション・セキュリティ・アンド・イメー ジング・インターナショナル・ホールディングス・ビーブイ:ホーチキ(6745) 株式の保有比率を9.13%から10.24%に増やした。保有目的は、「政策投資」と し、セキュリティーシステムの分野(特に火災の感知と警報システムの領域)に おいて協力関係を強化していくと説明している。

フィデリティ投信:グループ全体でトクヤマ(4043)株式の保有比率を

10.09%から8.93%に減らした。

タワー投資顧問:日本ホテルファンド投資法人(8985)株式の保有比率を

10.87%から11.93%に増やした。

東京海上日動火災保険:あおぞら銀行(8304)株式の保有比率を6.00%から ゼロにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE