日銀調査統計局長:世界経済と原油価格は非常に不確実性が高い(3)

(第3段落にコメントを追加します)

【記者:日高正裕】

5月26日(ブルームバーグ):日本銀行の門間一夫調査統計局長は26日午 後、都内で行われた景気討論会で、「景気は減速が当面続くものの、その後は潜 在成長率並みの緩やかな成長経路をたどるシナリオが相対的には最も蓋然(が いぜん)性が高い」としながらも、世界経済と原油価格の先行きは「非常に不 確実性が高い」として、世界経済も日本経済も「相応のリスクを抱えたまま走 っていくことになる」と述べた。

門間局長は、景気が当面減速を続けた後、潜在成長率並みの緩やかな成長 経路をたどるというシナリオが実現するためには、①世界経済の拡大基調が基 本的に崩れない②原材料価格が先行きそれほど急に上昇しない―ことが前提に なっていると指摘。このいずれにしても「非常に不確実性が高い」として、「世 界経済は大変難しい局面に入ってきている」と語った。

ニューヨーク原油先物相場は1バレル=130ドル台の最高値近辺で推移し ている。第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストは「原油高騰が急速 に進んで、景気悪化とインフレが並存するスタグフレーション懸念が強まって いる」と指摘している。

前門の虎、後門の狼

門間局長は「米国経済の停滞の影響などを受けて、資源国を含めた世界経 済全体の需要の減退につながる」リスクと、「インフレが高まっていく」リスク は、「まさに前門の虎、後門の狼ということかもしれない」と指摘。その「どち らも怖い」とした上で、「どちらにも食べられてしまわないように、両者の動き を注意して見ていかなければならない」と述べた。

さらに、「世界経済は減速の兆しを見せながら、一方で価格が上がっている。 価格の上昇が購買力の低下を通じてまた世界経済の減速傾向を強めるというリ スクをはらみながら進んでいる」と指摘。「ここはインフレが心配であるとか、 あるいは世界経済の減速が心配であるとか、どちらかだけに目を奪われること なく、両者のバランスを丹念に見ていく必要がある」と語った。

門間局長は一方で、「よく米国経済の悪影響が新興国に及ぶことで世界経済 が減速するリスクが指摘されており、私もそういうリスクがあると思っている が、実は新興国の需要がなかなか減速せず、そのまま高い成長を続けて世界経 済が過熱気味になり、インフレ抑制のためにその後、大きめの調整に入るとい う可能性もある」と指摘した。

金融市場は悪い状況が続いている

米サブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン問題に端を発した国 際金融市場の混乱については「まだ悪い状況が続いている。インターバンク市 場の金利は高止まっている。金融機関の間で相互に資金をやり取りすることに 対して不信感、不安感がまだあるので、金融機関のバランスシートについて相 互に安心できる状況になっていない」と述べた。

さらに、「じわじわと続いている金融市場の不安感が金融機関の貸し出し姿 勢の厳しさにつながってきて、これがクレジットクランチという形で米国の実 体経済に悪影響を及ぼす。つまり、実体経済、金融市場、金融機関の行動の3 者の間の負のフィードバック(連関)が始まっているのではないかという懸念 がぬぐい切れないというところに、現状の厳しい状況がある」と語った。

米国経済については、「今はリセッション(景気後退)に相当近い状態にあ る」としながらも、「今の時点では、そう深いリセッションを心配する必要はそ れほど大きくないというのは、かなり共通の認識になっているのではないか」 と指摘。「むしろ問題は、ここから後、米国経済が明確な回復を示してくるまで にどれくらい時間がかかるのか。その時、どれくらい明確な回復を示し得るの か、このあたりが焦点になってきている」と語った。

個人消費の下振れリスクに十分注意

資源価格の先行きについては、「比較的高止まりする蓋然性が高いのではな いか」と述べた。

門間局長は国内経済については、「雇用者所得が緩やかながら増加を続けて いるので、所得面から個人消費が急に冷えることはそう大きく考えなくてもよ い」としながらも、「同時に消費者物価、特に食料など身の回りの商品が上昇し ており、実質所得がその分、目減りしている」と指摘。「実際に消費者マインド の指標も全般に慎重化しているので、今後は個人消費の下振れリスクには十分 注意していかなければならない」と述べた。

金融政策運営については、「今年度、あるいはもっと先まで見ても、今の経 済・物価情勢は見通すのが難しい」と指摘。その上で、これだけ不確実性が高 い状況では「上下それぞれのリスクを丹念に点検しながら、それらの動向に対 して謙虚に判断することが大事であり、今の時点で特定の方向性を持つことは しないことが一番大事だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE