ノルウェーのスタトイルハイドロ:北海油田での生産再開-流出事故後

北欧最大の石油・天然ガス会社、ノルウェ ーのスタトイルハイドロは26日、北海にある海上石油プラットホーム「スタッ トフィヨルドA」の石油流出事故の後、別のプラットホーム「スノーレA」と 「ビグディス」での生産を25日に再開したことを明らかにした。

広報担当者のオラ・モッテン・アネスタッド氏は電話で、スタットフィヨ ルドAの操業再開も「それほど先ではないはずだ」と述べた。

同プラットホームの石油流出事故により、24日時点で日量13万8000バ レルの生産が失われていた。

スノーレAの生産高は日量7万5000バレルで、ビグディスは日量4万 4000バレル。スタットフィヨルドAの生産能力は依然通常を下回っており、現 在の生産量は日量約1万9000バレルだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE