米NY州の高級リゾート地で、ユーロの利用可能に-NYポスト紙

米紙ニューヨーク・ポストは25日、米ニ ューヨーク州ロングアイランドにある高級リゾート、ハンプトンズの小売店や レストラン、ホテルの一部が旅行者からの料金支払いでユーロを受け付けてい ると報じた。

同紙が調査を基に伝えたところでは、イーストハンプトンのホテル、ブリ ッジハンプトン・インではユーロを使用でき、サウザンプトンの小売店、スタ イル・パリスなどもユーロでの支払い可能との表示を掲げている。

小売店のローブズ・アンド・フィッシーズやホテル、ブリッジハンプトン ・インの所有者、シビル・バン・ケンペン氏は、小売店の顧客の約35%、ホテ ルの宿泊客の45%が外国人で、それがユーロを受け入れ始めた理由だと述べた。

ブリッジハンプトンの不動産会社、エデン・ポートフォリオは、今では 1000万-1500万ドル(10億3000万-15億5000万円)の価格帯の住宅を 海外の買い手向けに販売しており、支払い手段としてユーロとドルを選択でき るようにする方針だという。

先週の外国為替相場で、ドルはユーロに対し下落し、23日は1ユーロ=

1.5762ドルと、16日の1.5577ドルから1.2%値下がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE