ソロス氏:原油相場はバブル、米英リセッションで崩壊へ-テレグラフ

26日の英紙デーリー・テレグラフ(オンラ イン版)によると、米投資家ジョージ・ソロス氏は、ここ数週間の原油相場高 騰が主に投機的な資金の流入が原因で、現在の過去最高値圏の相場はバブルの 様相を呈していると述べた。

ソロス氏は同紙とのインタビューで、ドル安や中東産原油の供給減、中国 での需要拡大でエネルギー高はある程度説明できるとしながらも、原油相場に 「投機が及ぼす影響が拡大している」と指摘。石油バブルは米英両国がリセッ ション(景気後退)に陥るまでは崩壊しないが、その後は劇的に下落する恐れ があると語った。同紙によると、ソロス氏は英経済が1970年代または90年代 初めの不景気よりも深刻なリセッションに直面しているとの認識も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE