UBS株:一時3.7%安、住宅ローン関連で一段の損失の可能性認める

26日のスイス市場で、同国の銀行最大手U BS株が一時3.7%安となった。同行は住宅ローン関連証券で一段の損失の可 能性があることを認めた。

チューリヒ時間午前11時28分(日本時間午後6時28分)現在、UBS株 は前週末比0.94フラン(3.1%)安の29スイス・フラン。年初来では42%下 落している。

同行は156億ドル(約1兆6130億円)規模の株主割当増資の目論見書で、 2007年および今年1-3月(第1四半期)の米国以外の住宅・商業用不動産ロ ーン関連証券からの損失が「今後、増加する可能性がある」ことを認めた。さ らに、同行が保有する資産担保証券(ABS)に連動する「レファレンス・リ ンクト・ノート」の縮小や償還を検討しており、これが「特別費用につながる 可能性」も明らかにした。

VZ・ベルムーゲンシェントラムで運用に携わるロルフ・ビランド氏は「U BSはまだ数四半期、悪いニュースと闘わなければならないだろう」と述べた。 「英国の住宅市場はほとんど米国並みに過熱した。銀行の損失につながる恐れ がある」と指摘した。

UBSは依然、米住宅ローン関連資産450億ドル以上、レバレッジド・バ イアウト(LBO)向け融資86億ドル、米国の学費ローン104億ドル相当をバ ランスシート上に抱えている。同行は米国以外の住宅ローン関連資産の保有高 は明らかにしなかった。レファレンス・リンクト・ノート関連のリスク資産は 3月末に89億ドル相当だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE