英HSBC幹部、新報酬計画で3年間に最大1.2億ポンド獲得も-英紙

英紙サンデー・タイムズは25日、英銀大手 HSBCホールディングスのマイケル・ゲーガン最高経営責任者(CEO)を 含む複数の取締役が、新たな報酬計画により、向こう3年で合わせて最大1億 2000万ポンド(約245億6000万円)を受け取る可能性があると報じた。同計 画は今週株主の承認を受ける見通しだ。

同紙によれば、ケーガンCEOには給与の最大4倍のボーナスに加え、長 期報奨金プランからの手当として給与の最大7倍相当が支給され、年収は総額 1800万ポンドに達する可能性がある。ダグラス・フリント最高財務責任者(C FO)やアジア太平洋部門のビンセント・チェン会長とサンディ・フロックハ ートCEOにも同報酬計画が適用される。ただ、その内容は同行の業績評価を めぐる株主会合の結果次第で、業績がここ数年と同様であれば、幹部らへの報 酬は計4000万ポンド未満に減額されるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE