米メモリアルデーの連休:今年の旅行計画は控え目-ガソリン高騰で

米国のレギュラー無鉛ガソリンの平均価格 が一晩で1ガロン当たり2セント上昇するなか、今年は米国民のほぼ4分の1 が、夏の行楽シーズンの訪れを告げるメモリアルデーの連休(5月23-26日) の旅行計画を縮小または中止している。

私立小学校の教師サラ・プレストンさん(24)は、デラウェア州ベサニー ビーチで過ごすメモリアルデーの連休恒例の旅行日程を約10年ぶりに断念。こ のビーチで夏のアルバイトに就くこともあきらめた。ビーチにある家族の別荘 から大学院の授業を受けるボルティモアまでの往復240マイル(約386キロ) の移動コストがかさむためだ。

プレストンさんは「いつもはベサニービーチでアルバイトをして、車でボ ルティモアの自宅に戻って大学院に通っている。今年の夏は、いったんビーチ に行ったら、少なくとも1週間はそこで過ごそうと思う」と語った。

昨年夏、プレストンさんは最低週一回、ベサニービーチからボルティモア に通い、授業に出席。全米自動車協会(AAA)によると、愛車の「フォード・ トーラス」での移動コストは約36.77ドル(約3800円)だった。今週末には、 無鉛ガソリンの平均価格が1ガロン=3.93ドルに達するなか、同じ移動にかか るコストは約44.30ドルに膨らんだ。

AAAによると、今年のメモリアルデーの連休中に自宅から50マイル以上 移動した人は約3790万人と、2002年以来6年ぶりに前年同期を下回った。

-- Editor: Sylvia Wier, Theresa Barry.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Nancy Kercheval in Washington at +1-202-624-1817 or nkercheval@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sylvia Wier at +1-212-617-8958 or swier@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE