東レと米子会社、米国の価格操作訴訟で和解-1530万ドル支払いへ

米司法省は23日、東レと同社の米子会社が 炭素繊維の価格操作をしたとして米国で提起された訴訟で、1530万ドル(約 15億8200万円)を支払って和解することで合意したと発表した。

価格操作は1993年から2001年まで行われていたと原告は主張していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE