【5%ルール】Uテクノロジー、フィデリティ投信、ハリス、三井物産

財務省に23日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

フィデリティ投信:グループ全体でアルバック(6728)株式の保有比率を

12.70%から9.46%に減らした。

フィデリティ投信:グループ全体でトクヤマ(4043)株式の保有比率を

11.34%から10.09%に減らした。

フィデリティ投信:原弘産(8894)株式の保有比率を14.79%から13.72%に 減らした。

フィデリティ投信:グループ全体でイー・アクセス(9427)株式の保有比率を

12.58%から13.63%に増やした。

ハリス・アソシエイツ・エル・ピー:パソナグループ(2168)株式の保有比率 を11.01%から12.05%に増やした。

ジャパンベストレスキューシステム:KFE JAPAN(3061)株式の保 有比率を8.70%にした。保有目的は、「政策投資(資本業務提携に関する合意に 基づく株式の保有)」と説明している。

三井物産:テレパーク(3738)株式の保有比率を50.85%から50.80%に減ら した。保有目的は、「政策投資、取引関係強化」と説明している。

アルガーブ:三井倉庫(9302)株式の保有比率を7.22%から7.63%に増やし た。

ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス:グッドウィル・グループ (4723)株式の保有比率を30.39%から24.35%に減らした。

A.C・ホールディングス:SDホールディングス(3726)株式の保有比率を

5.35%からゼロにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE