Uテクノロジー:Gウィル株一部売却、比率24.35%まで引き下げ(2)

グッドウィル・グループの筆頭株主、ユナ イテッド・テクノロジー・ホールディングスがGウィル株式を一部売却し、保 有比率を24.35%まで引き下げたことが明らかになった。

Uテクノロジーが23日、関東財務局に提出した変更報告書(大量保有報告 書)によると、同社は15日、16日に市場内で売却した分を報告。グループ全体 でGウィルの発行済み株式に対する割合は従来の30.39%から24.35%になった。

Gウィル株をめぐっては、3月下旬、Uテクノロジーが30.39%を保有する 筆頭株主に浮上したことが判明。4月上旬には、UテクノロジーがGウィルの 総合力とUテクノロジーの高収益体質の融合による提携案などを提示したが、 Gウィル側はこれを拒否。その後、Gウィル経営陣から協議打ち切りの連絡を 受け、5月1日にはUテクノロジーはGウィルとの提携を断念したと発表した。

Uテクノロジーの広報・IR担当の秋田一徳氏は、「当社はGウィル側と の提携を断念したので、今後は持分法適用に入らない範囲で保有を継続してい くつもり。Gウィル株を20%以上は保有しない方針」と述べた。

Gウィル株の株価終値は前日比440円(3.4%)高の1万3520円、Uテク ノロジーは同3000円(2.4%)高の13万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE