1-3月期の英GDP改定値:前期比0.4%増-05年来の低い伸び

英政府統計局(ONS)が23日発表した 2008年1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)改定値(季節調整済 み)は前期比0.4%増と、先月25日発表の速報値から変わらずだった。07年 10-12月(第4四半期)の同0.6%増からは減速し、05年来の低い伸びとなっ た。信用コストの上昇が建設に打撃を与えたほか、企業向けサービスが鈍化し たことが影響した。

1-3月期は前年同期比でも速報値と同じ2.5%増だった。前期比、前年同 期比ともに、ブルームバーグ・ニュースがエコノミストを対象にまとめた調査 の中央値と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE