短期市場:金利先物は続落、債券相場の下振れ警戒-米金利が大幅上昇

短期金融市場のユーロ円金利先物相場は続 落(金利は上昇)。一時に比べて景気悲観論が弱まるなか、原油高を背景に世界 的なインフレ懸念が台頭し、米国では年内利上げ観測から長短金利が大幅上昇。 日本銀行は当面の金利据え置きが見込まれるものの、海外の影響で価格変動リス クが高まっている債券相場の下振れが警戒された。

中心限月2008年12月物は前日比0.035ポイント安い99.010に下げて始ま り、上値が押さえられるなか、午後は0.050ポイント安の98.995(1.005%)ま で下落。期先の下げ幅は0.070ポイント前後に達した。その後99.020まで買い 戻しも入っている。2年債利回りは一時4ベーシス上昇の0.830%まで上昇。

債券先物が1円以上急落し、株価の上げ拡大で売りが加速する場面もあった。 5年債や10年債の利回りが一時10ベーシス前後上昇するなど、相場の下振れが 大きかった。米債市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録でインフ レ警戒が示された流れを受け、10ベーシス以上の利回り上昇となった。

三井住友海上火災保険投資部の高野徳義グループ長は、「相変わらずボラテ ィリティー(変動率)の高い展開に振らされ、リスク量を削減する売りも巻き込 んだ」と指摘した。もっとも、原油高が景気に与える悪影響も無視できないとし て、「このまま金利が上昇し続けるとは考えづらい」という。

ニューヨーク原油先物相場は一時1バレル=135ドルの最高値をつけ、その 後反落したものの、先高観が強まっている。金融不安が後退し、焦点が世界的な インフレ圧力に移行。米短期金利先物は年内の利上げを織り込んでいる。ただ、 米国を中心とした景気の先行きに依然として不透明感が強いのも事実だ。

米国では雇用が悪化しており、「大統領選までは景気を下支えすることが第 一の優先課題」(三井住友海上・高野氏)として、年内の利上げには懐疑的な見 方も多い。一方、米国の大幅な金融緩和が原油をはじめとする商品価格の上昇を 後押ししているとの指摘もあり、金融政策は難しい判断を迫られている。

流動性低下の悪循環-買い切りオペの影響

3月以降の金利変動率の高まりは、金融機関のリスク許容度低下による市場 流動性の低下が、さらなる変動を生む悪循環になっているとの指摘は多い。こう いった状況下で、日銀の国債買い切りオペには残存期間の短い債券が大量に持ち 込まれ、証券会社が中長期国債の在庫をならしづらくなっているとの指摘もあっ た。

国債買い切りオペについては、昨年から残存期間の短い国債を大量に持ち込 む動きが指摘されている。一部の金融機関が国債の大量償還に伴う資金繰りの波 を平準化させるため、償還の手前で期近償還物の売却を進めていることが要因と みられており、債券相場の下落局面で影響が顕在化しているもようだ。

税揚げ越えオペ

日銀は午後、6月3日、4日の税揚げ日をまたぐ資金供給オペを総額1兆 4000億円実施した。3月決算企業の法人税を納める大幅な資金不足期にあたり、 大手銀行を中心に需要は強いとみられたが、落札金利は落ち着いていた。

地方銀行の資金担当者は、メガバンクは税揚げが大きいので需要があるとみ られるが、地銀は税揚げと同時に交付金が入ってくるので、あまり気にしていな いと指摘。オペの結果をみても、全体的にはそれほど大きな影響はないのではな いかとみていた。

本店共通担保オペ6000億円(5月26日-6月11日)の最低金利は、前回(5 月23日-6月6日)より1ベーシス低下の0.54%と、ターム(期日)物としては 3月10日以来の低水準だった。2本目の同オペ8000億円(5月26日-6月17 日)は期日が準備預金の積み最終日を越えることもあり、0.55%で横ばい。通知額 の4倍を超える応札があった。

日銀は税揚げ日をまたぐ6月期日の本店共通担保オペや国債買い現先オペを 連日実施している。税揚げ日を越える無担保コール1-2週間物は0.57-

0.58%とやや強含んでいるが、積極的に資金を確保する動きも限られるもようだ。

翌日物0.50%付近

無担保コール翌日物は0.50-0.505%中心に取引され、午後は0.49%まで低 下した。日銀は即日の金融調節を見送り、準備預金(除くゆうちょ銀)を横ばい の5兆3000億円程度とした。残り要積立額(1日平均4兆7600億円)と積み終 了先から推計した実質的な中立水準は4兆9000億円程度。

低位安定の背景となっているレポ(現金担保付債券貸借)は、国債発行日の 26日分から運用意欲がやや弱まり、27日分は0.53%程度で推移。実質的な下限 域から若干上がっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE