スクエニ:今期純利益は前期比31%増の120億円の見通し(2)

ゲームソフト開発メーカーのスクウェア・ エニックスは23日、今期(2009年3月期)連結純利益が前期比31%増の120 億円になる見通しと発表した。

今期売上高は同8.5%増の1600億円、営業利益は同2.4%減の210億円を 見込む。同社の松田洋祐取締役は決算会見で、営業利益について、「ほぼ横ば い」との見方を示した。また今期のアミューズメント施設については、1けた 台後半の新店舗開設を計画しているという。

同時に発表した前期(2008年3月期)連結純利益は、前の期比21%減の92 億円、営業利益は同17%減の215億円、売上高は同9.8%減の1475億円だった。 ゲーム事業では、売上高が減少し、利益が前の期の半分近くに減った。松田取 締役によると、アミューズメント施設の既存店は堅調だったという。

スクエニの株価終値は前日比220円(6.4%)安の3220円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE