中国全国社会保障基金:アジアなど新興市場と欧州の株価指数に投資へ

中国の740億ドル(約7兆7000億円)規 模の公的年金、全国社会保障基金理事会(社保基金)は、アジアなど新興市場 と欧州の株式への投資を拡大している。サブプライムローン(信用力の低い個 人向け住宅融資)危機で落ち込んだ株価が、反発していることが背景。

世界の株式市場への投資を支援する資産運用会社を募集していることを 22日に明らかにした社保基金は、新興市場と欧州の株価指数向けに現行規定の 下で初となる投資を進めている。資産の最大20%を海外に投じることが可能だ。

JFアセット・マネジメントの中華圏責任者、王浩(ハワード・ワン)氏 は、「社保基金が投資対象を多様化するなか、アジアと新興市場を重視するのは 理にかなっている。中国はこうした市場に精通している。基金の規模を考えれ ば、資産運用会社にとっては極めて大きな機会だ」と述べた。

MSCⅠ新興市場指数は1月22日の直近の安値から17%反発。約600銘 柄で構成するダウ欧州株価指数は3月17日に付けた年初来安値から11%上昇 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE