アジア株:下落、原油・金属相場下落で商品株安い-中外製薬は上昇

23日のアジア株式相場は下落。医薬品株は 上昇したものの、原油や金属相場の下落を受け商品株が大きく下げている。

オーストラリアの石油・天然ガス会社サントスが安い。22日のニューヨー ク原油先物相場が3週間ぶりの大幅な下げとなったことを嫌気した。また銅・金 相場の下落を受け、三菱商事も売られている。一方で中外製薬は上昇。親会社ス イスのロシュ・ホールディングが持ち株比率引き上げの方針を明らかにしたこと に反応した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時3分現在、前日比0.3%安 の150.88。一時0.2%高となっていたが下げに転じた。このままいけば、今週は

1.9%安となりそうだ。日経平均株価は前日比ほぼ変わらずの1万3973円15銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE