1-3月シンガポールGDP改定値は下方修正-4月CPI、伸び加速

シンガポール通産省が23日発表した2008 年1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP、改定値)は、前期比年率

14.6%増となり、4月10日公表の速報値16.9%増から下方修正された。世界 的な需要減退やインフレ加速で今後数カ月は経済成長が鈍化するとの懸念が強 まりそうだ。

07年10-12月(第4四半期)は同4.8%減少だった。政府が同日発表し た4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.5%上昇し、3月の同

6.7%上昇から伸びは加速した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE