米AIG:203億ドルの調達完了-追加の資本増強の必要性見込まず

保険最大手の米アメリカン・インターナシ ョナル・グループ(AIG)は22日までに、203億ドル(約2兆1000億円) の調達を完了した。また評価損に備えるための追加増資の必要性を見込んでいな いことも明らかにした。

AIGの広報担当、クリス・ウィナンズ氏によると、欧州で2件のハイブリ ッド債約30億ドルの発行を完了。これに先駆けて、同社は今月、株式のほか、 株式への転換が可能なエクイティユニット、米確定利付き証券も発行した。

同社は2008年1-3月(第1四半期)決算で過去最悪の78億1000万ド ルの赤字を公表した8日、125億ドルの資本増強が必要だと説明したが、実際 にはそれを62%上回る額を調達した。ウィナンズ氏はインタビューで「単に需 要が相当強かったために、最終的な調達額は当初表明した水準を上回った」と語 り、「将来の追加増資は現時点で予想していない」と説明した。

AIGは普通株74億7000万ドル、エクイティユニット58億8000万ド ル、確定利付き証券69億ドルを発行した。

AIGの株価は前日比85セント(2.3%)高の37.81ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE